ロボロフスキー毛色図鑑

ロボロフスキーのカラーは、数種類あります。

ノーマル・スーパーホワイト・ホワイトフェイス

イザベラホワイトフェイス・パイド

上記の5種類はロボロフスキーを愛する方ならご存知かと思います。

海外では上記の他にも数種類知られています。

ハスキーホワイト・ヘッドスポット・ピュアホワイト・シナモン

などがあります。

ノーマル

茶色い被毛と白い眉が特徴

優性遺伝

スーパーホワイト

白い被毛、頭(と背中)に茶色い差し毛がある

差し毛の輪郭がぼやけた感じではっきりしない

差し毛の色の濃さは個体差です

 

親が片方でもスーパーホワイトなら

生まれる可能性がありますが、

祖父母の代にスーパーホワイトがいても

遺伝しません

ホワイトフェイス

茶色の被毛に白い顔が特徴

加齢とともに被毛の色が薄くなる

 

優性遺伝

ホワイトフェイス(左)

加齢で被毛の色が薄くなってきた状態

 

イザベラホワイトフェイス(右)

黄色みがかった被毛に白い顔が特徴

ホワイトフェイスと違い、加齢による色の変化はない

 

両親共にイザベラ遺伝子を持っている場合に

生まれる可能性がある

両親共にイザベラの場合は100%イザベラが生まれる

パイド
白いベースカラーの被毛に茶色の模様がある

顔は白い個体と、茶色の差し毛がある個体がいる

 

両親共にパイド遺伝子を持っている場合に

生まれる可能性がある

両親共にパイドの場合は100%パイドが生まれる

ハスキーホワイト
白い被毛、アンダーコートはスレートカラーで

耳の縁にグレーの毛、黒い目

ホワイトフェイス遺伝子1つとイザベラ遺伝子2つを

持っている

 

我が家でホワイトフェイスとイザベラの間に

生まれました。

ホワイトフェイスがイザベラ遺伝子を

持っていたようです。

ヘッドスポット

白い被毛、頭の天辺(耳の間)に茶色い差し毛がある

差し毛の輪郭はハッキリしていて、点ほどの大きさ

スポット遺伝子1つとパイド遺伝子2つを持つ

ピュアホワイト

差し毛が一切なく全身白い被毛に覆われている

黒い目

パイド系のカラーで、片親でもヘッドスポットまたはピュアホワイトの場合に生まれる。

(遺伝子情報がはっきりしていないので、個人的見解です)

シナモン

被毛の色が薄く、赤目

加齢とともに目の色が濃くなり黒っぽくなる

アルビノ

真っ白な被毛に赤目

詳細は不明

 

     リンクバナー
     リンクバナー